ワタシ×タベル=タベモノガタリ🍙

食べることとちょっぴり冒険が好きな女子学生のブログ

アンチSNSだった私が、どんどん自分を発信するようになった理由。

こんにちは。今日はSNSをトピックにお話できたらと思います。

 

「いや自分をSNSで発信するとか怖いし嫌だ、、、」

って思っている人にこそ読んでほしい。実は私もそうだったから。

 

約10年前、まだまだガラケーでしたがmixiなどが流行り始めたころ。

私は中学生なりたてぐらいのときだったのですが、SNS大好きっ子でした。

続きもしないのにブログとかもやってましたねw

 

そこから3年ぐらい、高校生になったときにはスマートフォンが流行りだし、ツイッターやフェイスブック、大学生の頃にはインスタグラムも日常に浸透してきました。

 

高校でツイッターやフェイスブックもやっていましたが、SNSがだんだん嫌になってきたんですよね。

 

人の悪口や今日あった嫌な出来事を、ゴミ箱のようにSNSで発信する人たち(高校生らしいですね笑)。

 

「見るだけで疲れる。こんなんやったらやらんでええやん。」

 

って思って、高校2年の夏からのカナダ留学を境目にSNSを絶ちました。

(もはやスマホいらん!って言って、こっからガラケー生活を2年間しましたw)

 

大学3年生のとき。所属している学生団体の新歓活動のためにツイッターを再開します。

1人でも多くの新入生にリーチして、新歓イベントのことを知ってもらうためでした。

「ゆりえさんのツイッターフォローしてます!」っていう新入生に結構会えましたね。

 

ツイッターを再開したものの、自分についての更新は全くせず(笑)、広報のためのアカウントとして運用していました。

 

私を変えたきっかけは、大学4年生の休学中に参加したGlobal Summit of Womenという、女性版ダボス会議のような会議でした。

 

受けたのは「Self Branding」というセッション。

 

自分をどう魅力的に知らない人に伝えていくのかブランディングする方法やその大切さを教えてもらいました。

 

本当にそこからですね、私がSNSを自分のブランディングのためのツールとして使い始めたのは。

 

実感として発信の重要性を感じたのはこの1ヶ月後。

インターン先のwantedlyで記事を書かせていただいてからでした。

 

これが想像以上に伸びて、wantedlyでdaily2位を獲得。

この後いろんな人に「記事読んだよ!」とか「素敵だね!」とか声をかけてもらえるように。

 

10月に神戸で開催された「We Feed the Planet -アジア食の未来会議」というイベントにパネラーとして登壇させて頂けたりもしました。

f:id:yurie-takeshita:20180318130137j:plain

 

今年1月にはブログを開設したり、

ツイッターのフォロワーもどんどん増やしていこうと頑張って今では2000人ちょっと。

 

先日、所属しているNPO法人アイセック・ジャパンが運営している「Youth Speak Media」でも記事を書かせていただきました。

 

ブログを始めた最近では、

「 はじめまして!ブログの記事を読んで、共感して連絡しました!」

っていう嬉しい声がフェイスブックやツイッターから飛んできます。

 

私の目指している世界観に共感してくれる人がいて。

そういう人と物理的では絶対に会わなかっただろうにこうやってメディアやSNSを通して出会えていることが本当にすごいと思ってます。

それで実際にカフェで会って話したこともあります。

 

自分はどういう人なのか、将来したいことがまだ明確じゃないとしても、

今のうちからいろんな人に「あなた」という1人の人間を発信することは、

仲間集めのためにも、自分自身をブラッシュアップしていくためにも、すごく大切。

 

アンチSNSだった私でも、10ヶ月でここまで発信してこれたから。

ぜひ怖がらずに身近なところからでいいから挑戦してみてほしい。

人と繋がれる楽しさを感じる時がきっときます。

 

ゆりえ