ワタシ×タベル=タベモノガタリ🍙

食べることとちょっぴり冒険が好きな女子学生のブログ

フードロスを解決したいと3年間言い続けている私が、フードロスについて考えていること。

こんにちは。タイから帰ってきて数日間東京に滞在しています。

今回の関東生活では「フードロス」というワードでいろんな人に会うことが多かったので、編入を決めてから3年間主張し続けたフードロスについて書いてみたくなったので書いてみます。

 

 

 

フードロスを解決する社会的意義とは

最近、「食べ物を捨てる」という行為が社会問題として認識されることが増えたなあと思います。

生産した食材のうち3分の1を捨てている日本。その量はおよそ630万トン。

日本人1人あたり、毎日1杯のお茶碗のごはんを捨てている量に値します。

 

もったいない精神が染みついている日本人にとっては、"なんかダメそう"な問題と思われがちなのがフードロスだと思っています。

"なんでダメなのか"を言語化することが大切。

この問いに対しての自分なりの答えってなんだろう。ぜひ考えてみてほしいです。

 

これを機に私がフードロスを解決したい理由を伝えられればと思います(結構今まで言ってきたことではあるけど笑)。

 

「世界の中で食べ物が行き渡っていない地域に食べ物を届けられるようにするためには、無駄遣いされている食べ物の量を減らす必要があるのではないか」

 

というマクロ的な仮説を自分の中で持っているためです。

私が最終的に見たい景色は「食べ物に困っている人を世界からなくすこと」で、それを達成するための1つの要素として「フードロスをなくす」というMissionが存在しています。

 

f:id:yurie-takeshita:20180313154021j:plain
引用:もったいない!食べられるのに捨てられる「食品ロス」を減らそう | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン

 

環境問題、売り手の利益的な話、生産者の観点、いろんな側面からこの課題の解決必要性を捉えることができます。

フードロスが問題だと思っている人も思っていな人も、なぜこれが問題だと言われているのかを自分なりの意味付けを元に答えを見つけてほしいです。

そしてぜひディスカッションしましょう笑

 

起きている原因はとてもシンプルである。が、解決困難である。

フードロスが起きている原因は非常にシンプルだと思っています。

川上から川下までのフードチェーンを分解して考えるということだけがコツ(例えば生産/流通/加工/販売/消費とか)。

f:id:yurie-takeshita:20180313181254j:plain

 

フードロスという問題の原因をジェネラルに考えるにはそこまでが限界。

もっとクリティカルな原因を考えるには個別具体の食材について考えるしかないと思っています(例えば◯◯さんが作っているりんごのロスの原因や、株式会社◯◯の仕出し弁当のロスの原因というレベル感)。

f:id:yurie-takeshita:20180313181438j:plain

 

そしてどんだけ個別具体しても多くの原因が人々の意識に落ちやすい。

特に消費段階のロスに関しては。

しかし日本からでているフードロスのうち半分は消費段階のロス。

ここをどう変えていけるのか、私個人としての意見はもってはいるのですが、みなさんはどう思いますか。

 

"フードロス事業"が今後増えていくであろう日本

「フードロス事業」という言葉を耳にすることが最近増えたなあと思います。

最近話題になっているのはフードシェアリングのTABETEとかがありますよね。 

シンプルにいい動きだなって思っているのは前提として、もっと「ロスを出さないための事業」が増えていったらいいなとも思っています。

 

いわゆる「フードロス事業」として認識されやすいのが、「出たロスをどう有効活用するか」というところに焦点を当てているものが多いと思います。

(誤解されると嫌なので何度も言いますがこういう事業も必要だと思っています)

 

ではなくて、「そもそもフードロスを出さなくてよくする事業」が生まれていくと、フードロスってどんどんなくなると思っています。

例えばトレタさんの飲食店における予約管理サービス

フードロスを出さないようにするには需給予測は欠かせないと思っているのですが、それを実現しているサービスの1つだと思います。

 

あとはまあ、フードロスをなくすための事業を生み出すのではなくて、既存の食品流通からいかにロスを減らすかっていう取り組みを食にまつわる全ての人が取り組めたら早いんですけどね(そもそもロスの量を測れるようにするところから始まるかもしれませんが)。

日本社会の需給の歪みからそう簡単にはいかないし、生産側と消費側が一体になって取り組まないとここの歪みは解消できないと思っています。

 

最後に。

原因はシンプルだけどが、解決は非常に難しい。

1人でも多くの人が集まってムーブメント起こすことが大切なんだなって思います。

なので「フードロス解決したい!」って言い続けます。仲間を集めたいので。

もし少しでも興味ある人、もっともっとお話ししましょう!

 

ゆりえ