ワタシ×タベル=タベモノガタリ🍙

食べることとちょっぴり冒険が好きな女子学生のブログ

「フードロス 企業 インターン」全てはここから始まった。

こんにちは。

引越しの準備がだいたい終わり、明日関西に戻ります。

この1年で経験させてもらった最も大きな経験について、今日はお話できたらなあと。

 

「このままやったら大学生活勉強だけやん。社会に出る前になんかおもしろいことしたいよな。」

そう思い休学を考え始めた(と同時に決めた)のが2016年11月、大学3年生の冬でした。

 

せっかくやからインターンとかしたいよなーと、

「フードロス 企業 インターン」で検索。

そこで都内のとあるベンチャー企業に出会いました。

 

どうやら特殊急速冷凍機とやらを販売しているらしい。

え、日本で唯一の特殊急速冷凍機の商社!(唯一という言葉に弱い)

なんかわからんけど社風も良さそう。

 

さっそくHPから問い合わせ。

「インターンしたいんですけど!!!」

 

「お問い合わせありがとうございます。本当にいらっしゃる場合はこちらの採用ページから応募をお願いします。」

 

って返ってきた。

なるほど、これは親を説得するという壁を乗り越えなければ。

 

まあ簡単におっけーしてくれるやろーと思いながら

年末、母親に休学して上京したいと言ってみた。

 

「休学はいいけど上京はあかん!!!あぶないやろ!!!!!!」

 

我が母よ、東京をなんやと思ってるんや、、、

 

しかもこれから1ヶ月半戦った、、、

 

が、結局説得はできず。もう無理や!と思って、2月中旬。

3日間ほど東京行ってくる 〜って言って家を出ました。 

 

その3日間でやったことはもちろん、

インターンの面接を受けて合格し、家を1日で下見して仮契約。

その日の夜に合格通知と仮契約書を親に見せて、

 

「私、4月から上京します!!!!」

 

今思い出しても恐ろしいほどこれからもう険悪で険悪で、、、

あいにく父親が理解を示してくれたので家の契約は無事終了。

そんなこんなで実家を飛び出してきました。

 

 

2017年4月。やってきたのはデイブレイク株式会社

平均年齢27歳、社長は高卒(最近一緒にブログ始めました)。

f:id:yurie-takeshita:20180124144459j:plain

 

"営業はやりたくない、webの細々した仕事はおもしろくない。"

わがままばかりの私は主に新規事業の立ち上げに携わらせてもらうことに。

(ほんとゴミみたいなインターン生ですねw そしてこれ以外にも大手との協働や登壇資料作成などたくさん経験させてもらいました。)

 

そして気づいたことが1つ。

やっぱり世の中にないものを作り出そうとしている瞬間が一番楽しい。

 

けれど、やりたいことをビジネスで形にするのがまあ難しい。

それなりに企画もやってきたしそれなりに考えられるんじゃね?

とか思ってた私はあまちゃんすぎた。あまあまだった。

 

6月から11月で企画書まで詰め、取り組もうと試みた事業は2つ。

ベンチャー企業ならではの資金力の問題もあり、うまいビジネスモデルが組めなかった。

 

12月、 新規事業を考えてたからこそ気づいたことを社長にぶつけます。

(ちなみに高卒でとかディスってる風に見えるけど(笑)、社長は人生で唯一のロールモデルです)

 

「デイブレイクが今掲げてるVisionってあんまりVisionとして機能してないですよね。」

 

...あああああ、もうなんてインターン生なんだ。

でも会社がもっとよくなるためにはVisionとMissionの再策定が必要だと本気で思っていたんだよね。

 

「なんでもっと早く言ってくれなかったの〜、失敗したよ〜。」

って言えるのも社長の本当にすごいところ。

 

そこから時間がある限り社長と壁打ち・対話。

社長がデイブレイクで目指したい世界、我々が果たす社会における役割を一緒に考えました。

 コアバリュー・行動指針の策定など会社としての在り方を一緒に考えるのはすごくわくわくした。

 

 一連の策定がだいたい終わったのがインターン最終日。

「会社の根底となること考えちゃったね〜、たけちゃん!」

って笑いながら最終日を終えました。

 

 

1年間の学びは本当に大きくて。

ビジネス感覚というのが0だったのがちょっぴりついたし、

組織・事業を作るにはやっぱり強い想いや信念が必要だと思ったし...

とかまあ言い出すとキリがないのでまた飲みながらお話しましょう。

 

総じて、1年前に神戸を飛び出す決意をしてよかったと心から思います。

「もう就活しないんで。1年後パワーアップして帰ってきます。」

そう言って昨日はオフィスを去りました。

(また両親との戦いだ、、、)

 

 

"一歩踏み出す勇気が人生を変える"

ありきたりの言葉のように聞こえるけど本当にそう。

やりたいと思えば行動すればいい。

怖くても一歩踏み出せばいい。

最近いろいろ相談してくれる後輩もいるんだけど、結局言うことはこれな気がします。笑

 

神戸に帰ったらまた別の会社でインターンします。

4月からは大学生に戻ります。

やりたいことをようやく1ヶ月前にビジネスに落とせたので、スタートに向けて充電。

今年もまた1年、楽しくなりそうだ。

f:id:yurie-takeshita:20180124151149j:plain

ゆりえ